FC2ブログ

佐藤三十郎家最大級内蔵(秋田県)

本日は、秋田県横手市増田地区の「佐藤三十郎家最大級内蔵」を^^

秋田県横手市増田地区は蔵の町並みが残る観光スポットとして知られており、「伝統的建造物群」にも指定されています。
現在も当時建造された内蔵が残されており、様々な蔵を見学することができます。

何軒か見学してきましたが、その中でも最大級のスペースを持つのが「佐藤三十郎家最大級内蔵」だそうです。


佐藤三十郎家最大級内蔵-1

増田の町並みは、メインストリートも一見、普通の古民家に見えますが、中に入ると非常に奥行きがあります

佐藤三十郎家最大級内蔵-2

入り口も本当に普通の古民家という感じで、ここに最大級の蔵があるの・・・?という感じです(^^;
あまりイメージがわかないまま、入ってみました。

佐藤三十郎家最大級内蔵-3

ご当主の方(三十郎さん?)が案内してくれました。

佐藤三十郎家最大級内蔵-4

中に入ると、とても頑丈そうで広い内蔵を見学できます。
写真では広さが伝わりにくいと思いますが、現存する増田の内蔵の中でも最も広いとのことです。また、壁や障子のデザインもとても凝っており、建造にもお金が相当かかったようです。

佐藤三十郎家最大級内蔵-5

佐藤三十郎家最大級内蔵-6

現在のご当主さんの先祖が増田の町で商売に成功し、財をなしたことで、この蔵を造ったのだそうです。当時、増田地区は交通の要所で様々な商売が営まれていたようです。非常に頑丈な土蔵ですので、火事でも防火扉を閉め切れば、燃えることはないとのことでした。

佐藤三十郎家最大級内蔵-8

佐藤三十郎家最大級内蔵-9

このアングルからの写真が、観光雑誌に載ったようですので、同じアングルで写真を撮らせていただきました^^




ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大館市の秋田犬博物館(秋田県)

本日は、秋田県大館市の秋田犬博物館(秋田犬会館)を^^


秋田犬会館2019-1

秋田県北部に位置する大館市は、秋田犬の総本山的な地域として知られており、秋田犬の博物館もあります。最近行く機会がありましたので、立ち寄ってみました^^

秋田犬会館2019-2

3階建ての3階フロアが展示室となっており、秋田犬に関する資料や狩猟犬としてのルーツ等も紹介されています。秋田と言えば、やはりマタギが有名です。

秋田犬会館2019-3

秋田杉の断面もありました。樹齢〇百年のようですが・・・。
ちょっと数えてみましたが、途中で断念しました(^^;

秋田犬会館2019-4

犬に関する展示です。

秋田犬会館2019-5

熊の毛皮はたまに見ることがありますが、秋田犬の毛皮はなかなか見ることがないように思いますね・・・(^^;

秋田犬会館2019-6

歴代の秋田犬展覧会の入賞犬の写真も飾られていました。

秋田犬会館2019-8

秋田犬の展覧会の歴史も結構長いようです。

秋田犬会館2019-7

秋田犬保存会的な組織も日本全国にあり、海外支部もあるようです。
かなり広いネットワークがあるとともに、秋田犬の世界的な人気の高さも伺えます。

秋田犬会館2019-9

秋田犬会館2019-10

秋田犬の祖先は、マタギの狩猟犬とされています。秋田犬で真っ先に思い出すのは、高橋よしひろ先生の「銀河」に出てくる、銀やリキですが、漫画の中では「熊犬」と呼ばれていました

秋田犬会館2019-12

また、「忠犬ハチ公」も有名ですね。大館駅にハチ公の銅像があります。

秋田犬会館2019-13

海外の要人へも秋田犬が贈呈されたニュースは最近もありました。

秋田犬会館2019-14

最後にもう1枚。結構強そうですが、同時にカワイイですね^^
平日には秋田犬も見学できるそうですが、休日はお休みのようで、それが少し残念でしたね・・(^^;










ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

北金ヶ沢の大イチョウ(青森県)

本日は、青森県深浦町の「北金ヶ沢の大イチョウ」をご紹介します^^

北金ヶ沢の大イチョウは、国指定の天然記念物に指定されており、樹齢1000年以上の神木として地域の信仰の対象となっています。昨年の紅葉の時期に訪れましたが、鮮やかな黄葉を見ることができました^^


北金ヶ沢の大イチョウ-1

遠くからでも銀杏の木の大きさがわかります。。

北金ヶ沢の大イチョウ-7

大イチョウの看板

北金ヶ沢の大イチョウ-2

生憎の天気でしたが、お客さんも途切れなく見物に訪れていましたね~

北金ヶ沢の大イチョウ-3

具体的に何が、かはわかりませんでしたが、「日本一」と呼ばれています

北金ヶ沢の大イチョウ-4

北金ヶ沢の大イチョウ-6

とても鮮やかな黄葉でしたね~^^

北金ヶ沢の大イチョウ-5

幹径も半端ないです!

北金ヶ沢の大イチョウ-8

近くを五能線(五所川原~能代線)の観光列車が通りましたので、記念に一枚撮影しました^^











ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

西和賀町の湯田ダム(岩手県)

本日は、岩手県西和賀町の湯田ダムを^^


湯田ダム-1

湯田ダム-2

湯田ダムの案内看板によりますと、「和賀川及び北上川の洪水を防ぐとともに、発電、灌漑を目的としたアーチ重力式コンクリートダムとして、北上川右支川和賀川に建設された多目的ダムである」とされています。見た目はアーチ式ダムに見えますが、アーチ式ダムと重力式ダムの複合型のダムのようです。

湯田ダム-3

堤体を背後から撮影。昨年10月下旬に訪れたのですが、この日は穏やかな天気でとても気持ちが良かったですね~。

湯田ダム-4

堤体の形状はアーチ状ですが、確かに良く見ると、重力式ダムにも見えます。。

湯田ダム-5

放水やライトアップもされているので、その時期に訪れることができれば、更に楽しめると思います^^

湯田ダム-6

湖面はウィンドサーフィンや手漕ぎボート、水上バイク等で利用することもできるそうです。

湯田ダム-7

この周辺は以前は多数の鉱山が稼働しており、鉱山跡も見られます。





ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

東洋文庫ミュージアムと伊能忠敬企画展(東京都)

本日は、東京都文京区の東洋文庫ミュージアムと伊能忠敬企画展を^^

こちらのミュージアムは以前から一度訪れたいと思っていましたが、昨年末に初訪問することができました。


東洋文庫ミュージアム(1)-1

外観も様々な石材を使ったオシャレな建築です。

東洋文庫ミュージアム(1)-2

内部はフラッシュ禁止の撮影可でしたが、展示もモダンな感じでしたね~

東洋文庫ミュージアム(1)-3

世界各地から収集された書物が展示されています

東洋文庫ミュージアム(1)-4

東洋文庫は三菱第三代当主の寄付を受けて設立されたのだそうです

東洋文庫ミュージアム(1)-5

東洋文庫ミュージアム(1)-6

ミュージアムの目玉となるモリソン書庫です^^
こちらはG. E. モリソン博士から東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点をまとめて購入したものを本棚に収納しており、大変貴重なコレクションなのだそうです。古書に触れることはできませんが、美しい本棚でした

東洋文庫ミュージアム(1)-11

古書の背表紙もインテリアになりますね~。

東洋文庫ミュージアム(1)-7

東洋文庫では書物の研究として、古書の紙質も分析も行っているようです。

東洋文庫ミュージアム(1)-9

東洋文庫ミュージアム(1)-10

知りませんでしたが、国宝もありました

東洋文庫ミュージアム(1)-12

また、企画展として、伊能忠敬特集が開催されていました^^

東洋文庫ミュージアム(1)-13

東洋文庫ミュージアム(1)-14

伊能忠敬測量隊の行路です。
測量は複数回行い、本州はもちろんのこと、島にも渡ったりして測量作業を行っていたようです

東洋文庫ミュージアム(1)-15

測量成果の日本地図ですが、改めて見てもかなり正確であることがわかります。。

東洋文庫ミュージアム(1)-16

東洋文庫ミュージアム(1)-17

東洋文庫ミュージアム(1)-18

島にも渡り、正確に測量した技術力と労力に凄みを感じますが、行路をこれだけ詳細に再現できていることもまた凄いことだと感じました。。まさに先人の偉業だと思います。




ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR