FC2ブログ

東洋文庫ミュージアムと伊能忠敬企画展(東京都)

本日は、東京都文京区の東洋文庫ミュージアムと伊能忠敬企画展を^^

こちらのミュージアムは以前から一度訪れたいと思っていましたが、昨年末に初訪問することができました。


東洋文庫ミュージアム(1)-1

外観も様々な石材を使ったオシャレな建築です。

東洋文庫ミュージアム(1)-2

内部はフラッシュ禁止の撮影可でしたが、展示もモダンな感じでしたね~

東洋文庫ミュージアム(1)-3

世界各地から収集された書物が展示されています

東洋文庫ミュージアム(1)-4

東洋文庫は三菱第三代当主の寄付を受けて設立されたのだそうです

東洋文庫ミュージアム(1)-5

東洋文庫ミュージアム(1)-6

ミュージアムの目玉となるモリソン書庫です^^
こちらはG. E. モリソン博士から東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点をまとめて購入したものを本棚に収納しており、大変貴重なコレクションなのだそうです。古書に触れることはできませんが、美しい本棚でした

東洋文庫ミュージアム(1)-11

古書の背表紙もインテリアになりますね~。

東洋文庫ミュージアム(1)-7

東洋文庫では書物の研究として、古書の紙質も分析も行っているようです。

東洋文庫ミュージアム(1)-9

東洋文庫ミュージアム(1)-10

知りませんでしたが、国宝もありました

東洋文庫ミュージアム(1)-12

また、企画展として、伊能忠敬特集が開催されていました^^

東洋文庫ミュージアム(1)-13

東洋文庫ミュージアム(1)-14

伊能忠敬測量隊の行路です。
測量は複数回行い、本州はもちろんのこと、島にも渡ったりして測量作業を行っていたようです

東洋文庫ミュージアム(1)-15

測量成果の日本地図ですが、改めて見てもかなり正確であることがわかります。。

東洋文庫ミュージアム(1)-16

東洋文庫ミュージアム(1)-17

東洋文庫ミュージアム(1)-18

島にも渡り、正確に測量した技術力と労力に凄みを感じますが、行路をこれだけ詳細に再現できていることもまた凄いことだと感じました。。まさに先人の偉業だと思います。




ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
いわゆるインスタ映えな風景ですね。
伊能忠敬は中学の時に習いましたけど、一番尊敬できる
登場人物でしょうか。考えて見たら、すごいですよね!

こんなところがあるなんて!

いつもテンさんの情報力、すごいなと感じています。

伊能さんの脚力は凄すぎ。

全国旅して測量なんて、時には心折れそうになる事もあっただろうな。と感じます。


国宝という文字で心奪われてしまいました。
見てみたい!
こっそり行ってきます 笑

Re: No title

>カワイさん

こんばんは^^

撮影もOKでしたので、機材に拘って撮影できれば、
かなりインスタ映えの画像も出来そうに思います(笑)

当時のアナログな道具でこれだけ正確な測量が
できたというのは本当にすごいことだろ思います。

Re: タイトルなし

>玲紀静香 さん

こんばんは^^

こちらの博物館は、以前ガイドブックで見かけて、
ずっと気になってました。

密かにこれから人気が出れば・・と思っていますが、
蔵書の閲覧はできなくても、本棚自体が一つの
芸術のようですので、一見の価値はあると思います^^

機会がありましたら、是非訪れてみてくださいね^^
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR