鳥海山麓の元滝伏流水(山形県)

本日は、鳥海山山麓の湧水スポット、元滝伏流水を^^

訪れたのは夏で、ちょうど涼しさを感じられる時期でしたが、今の時期では少し寒さを感じるかも知れませんが・・・(^^;


元滝伏流水2017-1

鳥海山は、先日記事にした十六羅漢岩とも近い日本海側にあります。また、秋田県と山形県に跨った場所にあります。

元滝伏流水2017-2

鳥海山・飛島ジオパークの一部にもなっており、看板の写真のように、鳥海山を覆う厚い溶岩のヘリから多量の湧水が見られます。

元滝伏流水2017-3

溶岩は亀裂も多く、水を通し易いため、その縁辺部から長い時間をかけて浸透した水が湧き出るスポットが複数あるようです。

元滝伏流水2017-4

伏流水の場所までは駐車場から15分くらいの歩きですが、夏の暑い時期だったため、なかなか大変でしたね・・・(^^;
ただし、道中は湧水が流れる水路が見られるので、少し涼しさを感じながら歩くことはできました。

元滝伏流水2017-5

元滝伏流水2017-6

気温は30度くらいだったと思いますが、伏流水は年間通じてほとんど同じ温度のため、触ってみると結構冷たさを感じます

元滝伏流水2017-7

元滝伏流水2017-8

苔の付いた石も画になります。。

元滝伏流水2017-9

そしてやっとポイントに到着・・・。
と思い伏流水の流れる滝に近づいたら、一気に気温が下がったのを感じました。。まさに天然のクーラーのようでしたね~^^

元滝伏流水2017-10

眺めもいいですし、夏には最高の避暑スポットです^^

元滝伏流水2017-11

水の出ている付近が溶岩の境界部になります。
ここから出ている水は、看板の説明によると、10~20年もかけて浸透し、やっと地表に出てきた水なのだそうです。。

元滝伏流水2017-12

シャッタースピードを抑えて撮影。
あまりに気持ちよくてしばらく動きたくなかったですね・・・(^^;

元滝伏流水2017-13

元滝伏流水2017-14

元滝伏流水2017-15

少し秘境感もありましたが、四季でも様々な風景を楽しめる場所だと思います。…冬はちょっと厳しそうですが・・・(^^;

元滝伏流水2017-16

流れる水も当然ながら透明感抜群で綺麗でした^^





ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
これはすばらしい!
絶景カレンダーの1ページに出てきそうな場所ですね。
真っ暗なうちから来て、あれやこれやと撮ってみたいです。

すてきな場所です

おはようございます。
先日のカニのモニュメントにも驚いたけれど
今日の場所はすてきですね。
おにぎりを食べながらただ座っていたいです。
よい季節のときに行ってみたい場所ですね。

Re: No title

> カワイさん

こんばんは^^

このような滝はありそうでなかなかないと思いますし、
夏場には最高の場所だと感じましたね~。

1日のうちの時間帯によっても様々な風景を撮影することができそうですね^^

Re: すてきな場所です

> ちい公さん

こんばんは^^
コメントありがとうございます。

時間帯によっては混雑しそうですので、
早朝か夕方あたりは人も少なく、ゆっくり
できそうでしたね^^

夏場は本当に涼しく、気持ちのいい場所でしたので、
長い時間滞在できそうでした^^
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
デジカメプリントのオススメ
デジカメプリントが圧倒的に安いです。オススメ↓
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR