尾去沢鉱山跡(秋田県)

本日は尾去沢鉱山跡の廃墟建物を。

尾去沢鉱山(wiki引用)
秋田県鹿角市にあった鉱山である。銅や金が採掘された。708年(和銅元年)に銅山が発見されたとの伝説が残されており、1978年(昭和53年)に閉山した。

金が採れたということで、昔は栄えたみたいですね~。
いやー秋田と岩手の鉱山てレベルが高いです^^(採掘規模と廃墟的な意味で)

まずは全景。煙突が異様な感じ。。

osarizawa-6_e.jpg

緑と一体化するコンクリート構造物。

osarizawa-2_e.jpg

聳え立つ煙突。そして鉱毒でゲーハーになった山肌。

osarizawa-1_e.jpg

この煙突も近づくとそのデカさがわかりますね~。。

osarizawa-3_e.jpg

中にも入りたかったけど、これが限界・・・^^;

osarizawa-4-e.jpg

こういうところってあとどのくらい持つんだろうか・・?
できればもうしばらくは持ってもらいたいものですね。

osarizawa-5_e.jpg


ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

コメント

非公開コメント

No title

いろんな意味で怖さがありますね。
崩れそうなのと、鉱毒によって禿山になっていること。
でも、写欲をそそられるんですよね。
ポチ☆

No title

こんばんはv-410
今日はポチッとしちゃったんで、日付が変わったら
また来ますv-421
先にコメントだけv-436

廃墟と言えど、立派ですね~
当時はすごい栄えてたのがうかがえますv-410

金はもうとれないのかな~
ちょっとくらい残ってそうv-391

No title

なんかこういう写真って「これどこの世界遺産?」と思わせるところがありますねー。
廃墟って時間が止まってるような独特の雰囲気があるし、栄えてた頃のことを思い浮かべてみたりと、こういう規模のでかい構造物だとなおさらですね。
自分の住んでるN県はこれだけ山があるのに鉱山ってないんですよね、それも不思議なことかと。

おはようございます^^

テン3さん、おはようございます^^
山肌を這うようにトンネルになってて
異様な煙突の姿が本当に特徴的な鉱山跡ですね
金に目がくらんでしまったからでしょうか
廃墟でもここはアートっぽい感じがしますね ぽちっ☆

Re: No title

>24H365Dさん
こんにちは^^
応援ありがとうございます^^
近づくと少し怖いですね^^;
鉱毒処理も億単位とかの金がかかるみたいですねー、まさに負の遺産ですね。。

Re: No title

>Lovely Blueさん
こんにちは^^
応援ありがとうございます^^
規模はかなり大きいものだったみたいですねー。
いまのその当時の状況で残ってるということが素晴らしいですよね^^
金はもう採りつくされてるぽいですねw

Re: No title

>桃さん
ちわー^^
なかなか日常にはない景色ですからねー。
願わくば長く持ってほしいですよ^^;
N県ないんですか、鉱物では和田峠の柘榴石(ガーネット)が有名ですね。

Re: おはようございます^^

>plumさん
こんにちは^^
応援ありがとうございます^^
この大きいトンネルは頑張れば中を通ることはできるみたいですね。
ただ、リスクが大きいのでそこまでチャレンジはできませんでしたけど^^;
月日が経って、緑と一体化してるなーというのは感じましたね~。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
デジカメプリントのオススメ
デジカメプリントが圧倒的に安いです。オススメ↓
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR