秋田大学鉱業博物館(秋田県)

本日は、秋田大学鉱業博物館を^^

秋田大学は、以前、日本で唯一の鉱山学部があった(現在は、国際資源学部に名称変更しています)大学ですが、その鉱物標本関係のコレクションもかなりのものがあります

鉱物好きには最高の場所です(笑)


秋田大学鉱業博物館-1

博物館は円形の建物になっています

秋田大学鉱業博物館-2

入口は歴代の研究者が紹介されています。やはり鉱物分野の大御所が多かったです。。

秋田大学鉱業博物館-3

まずは石油系。
秋田県では、量は今のところ多くはないですが、石油や天然ガスも採れるようです。
採算ラインに乗せるには難しそうですが、日本でも化石燃料はあるところにはあるようです

秋田大学鉱業博物館-4

こちらは石炭
日本の発展を支えてきた燃料ですが、北海道の釧路コールマイン等は現役の鉱山として採掘されているようです。。

秋田大学鉱業博物館-5

鉱物標本のコレクションも、かなり充実しています。。
素晴らしい。。

秋田大学鉱業博物館-6

秋田大学鉱業博物館-7

秋田県を代表する鉱山の1つ、小坂鉱山の稼働時の写真。
小坂鉱山は、銅等を採掘していましたが、鉱山のおかげで当時は日本でもトップクラスの規模の街だったそうです。
現在ではなかなか想像できないですが・・・(^^;

秋田大学鉱業博物館-8

外国産の標本もありました。
こちらはインドの魚眼石。ネーミングがユニークですが、とても綺麗な石です。

秋田大学鉱業博物館-9

菱マンガン鉱
ピンク色が綺麗な石です。レアメタルであるマンガンの鉱石です。

秋田大学鉱業博物館-10

秋田の鉱山で良く採れた黄銅鉱。鮮やかな金色が綺麗な鉱物です。
銅、鉄が採れます。

秋田大学鉱業博物館-11

山梨県乙女鉱山の日本式双晶。
伝説の水晶で、値段も相当します・・・(^^;
1コちょうだい。と言いたくなりますが・・・(^^;

秋田大学鉱業博物館-12

自然硫黄。
黄色が綺麗です。。壊れ易いので取扱いは注意ですが・・・

秋田大学鉱業博物館-13

秋田の大鉱山、荒川鉱山(宮田又鉱山)の三角式黄銅鉱。
こちらも国産鉱物では伝説です・・・。
1コほしい・・・

秋田大学鉱業博物館-15

愛媛県市ノ川鉱山の輝安鉱。
古い国産鉱物の王様と言ってもいいくらいで、世界的にも有名です。

秋田大学鉱業博物館-14

長い時間みていても飽きないくらいのボリュームがあり、目の保養になりました^^

秋田大学鉱業博物館-16

秋田大学鉱業博物館-17

あとは資源系の展示。
現在は、マンガン団塊、コバルトリッチクラスト、海底熱水鉱床等が資源として期待されています。

秋田大学鉱業博物館-18

化石コーナーもありました。
鉱物に比べると、あまり化石は興味ないので、アンモナトだけ。。

秋田大学鉱業博物館-19

秋田大学鉱業博物館-20

鉱山技術の展示も充実していました。
昔から現在までの採掘技術の変遷は、勉強になります^^




ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

No title

こんばんはです♪

その自然硫黄、とっても鮮やかですね^^
かき氷みたいな色♪

でた! テン3さんの一個ちょうだい(笑)
テン3さんの目の輝き度は最高潮だったかと^^

No title

おはようございます。

うふっ
本当に鉱物がだいすきなんですね?
目の輝きが見えるようですよ。
私は残念ながら 鉱物音痴です。
説明を読みながら「成る程 そうか・・・」とか思っていても
直に忘れてしまいます。

秋田大学鉱業博物館は 円形の建物でおしゃれですね!

No title

とても立派な資料館ですね。
いろんな性質を持った石たちは
神秘的なパワーすら感じますねー!^^

No title

テン3さま こんにちは
「爺」は鉱石のことは よく解りませんが
やっぱり 美しく光る石は 素人でも見ていて飽きません
テン3さんには、離れがたい場所なんでしょうねぇ

No title

こんばんは。
ウチは宝石も扱っているので、こういうのを見るのは
好きですよ。じっと見ていると、不思議な気持ちになって
きますよね。

No title

ジャンルとしては地味な博物館と思えますが
鉱山族?にとっては垂涎なものだらけ
という感じなのでしょうね

こういう鉱石も
レアなものだと凄い値段がつくんでしょうね

Re: No title

> 菅原しずかさん
こんにちは^^
単体の元素から出来ている元素鉱物は、
やはり美しいと感じますね~。
金や銀が一番いいですが・・・(笑)
普通にレアな鉱物が一杯あると、
欲しくなっちゃいます(^^;

Re: No title

> けいさん
こんにちは^^
完全に趣味の世界なので、内容も
マニアックになってしまいましたが・・・(^^;
秋田大学は鉱山学部があったということで、
こういう歴史的資料も充実していると
いうことでしょうね^^
最高でしたね~(笑)

Re: No title

> Midipaさん
こんにちは^^
色々な鉱物標本がありましたが、
それぞれの成因や自然の造形美を
直に見ると、やはり感動が大きいもの
ですね^^

Re: No title

> 太郎衛門さん
こんにちは^^
やはりハマってしまうと、本当に
奥が深い分野だと思いますね^^
特に派手な石は、みていても楽しい
ものですよね^^

Re: No title

> カワイさん
こんにちは^^
私も宝石の原岩標本も集めたりして
いますが、やはり高価なものが多い
ですね(^^;

Re: No title

> umizizouさん
こんにちは^^
鉱物分野は、本当にマニアックな
石にすごい高値がついたりするのですが、
それもまた面白いところではありますね^^
見た目は汚い石ころでも、○十万の
値段がつくものも結構あるみたいです(^^;
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
デジカメプリントのオススメ
デジカメプリントが圧倒的に安いです。オススメ↓
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR