宮沢賢治童話の森他(岩手県)

本日は、宮沢賢治童話の森を^^

全開の記事の童話村と同じエリアの施設になりますが、童話の森ということで、賢治ワールドを散りばめた森、というコンセプトで作られた空間のようでした^^


宮沢賢治童話の森2018-1

その前に、宮沢賢治イーハトーブ館を少し・・。

宮沢賢治童話の森2018-2

こちらは賢治グッズの販売や、ちょっとした企画展示をやっている施設です

宮沢賢治童話の森2018-3

このシルエット=賢治さんというのは東北では定着しています

宮沢賢治童話の森2018-4

続きまして、童話の森です

宮沢賢治童話の森2018-5

一見、特に変哲のない空間ですが。。

宮沢賢治童話の森2018-6

宮沢賢治童話の森2018-9

賢治作品に出てくるキャラクターのオブジェが展示されています

宮沢賢治童話の森2018-7

宮沢賢治童話の森2018-8

また、石垣が積まれてたり、所々で作品名で掲示されてますが・・

宮沢賢治童話の森2018-10

そして賢治作の日時計花壇です

宮沢賢治童話の森2018-11

宮沢賢治童話の森2018-12

ベストシーズンではないようですが、日時計とその周りに作られた花壇です

宮沢賢治童話の森2018-13

当然かもしれませんが、日時計の指す時間はとても正確でしたね~^^






ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

宮沢賢治童話村(岩手県)

本日は、岩手県花巻市の宮沢賢治童話村を^^

岩手県花巻市の生んだ偉人として真っ先に挙げられるのが宮沢賢治かと思います。
作家としても「銀河鉄道の夜」をはじめとして数々の名作がありますが、その他にも天体や農業、地質調査等、様々な分野に精通し、各分野の先駆け的存在であったことも知られています。

そんな賢治さんは地元でも英雄的存在で、今回紹介する記念館や童話村、イーハトーブ館等、数々の施設が作られ、賢治ワールドを再現しています。


宮沢賢治童話村-1

ではまずは童話村の入り口から、、、

宮沢賢治童話村-2

賢治ワールドぽい?イラストがありました

宮沢賢治童話村-3

童話村の案内図。
なかなかの広さでした

宮沢賢治童話村-4

ちょっと暑かったですが、芝生の広場もあり、気候が良い時はお客さんの憩いの場になることと思います

宮沢賢治童話村-5

童話村のメイン施設遠景

宮沢賢治童話村-6

賢治さんは植物にもとても詳しく、詩や童話にも数々の植物が登場します

宮沢賢治童話村-7

銀河を再現した建物でしょうか?
中にも入ってみます

宮沢賢治童話村-8

宮沢賢治童話村-9

中もまた賢治ワールド全開で、非日常的空間が広がります

宮沢賢治童話村-10

ビッグカマキリや昆虫スペースもありました

宮沢賢治童話村-11

作品の舞台を再現したジオラマの展示もありました。
こちらは「ソロ弾きのゴーシュ」です

宮沢賢治童話村-12

「風の又三郎」もとても有名ですね^^

宮沢賢治童話村-13

木の人形さんがお出迎え&見送りです

宮沢賢治童話村-14

宮沢賢治童話村-15

初代銀河トレインも展示されていました。






ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

鶴岡カトリック教会 天主堂(山形県)

本日は、山形県鶴岡市の鶴岡カトリック教会天主堂を^^

鶴岡カトリック教会は明治36年に建てられたものでロマネスク様式教会建築の傑作として国の重要文化財に指定されています(リンク先HPより)。ステンドグラスとは異なる独自の技法でつくられた「窓絵」や世界的にも珍しい「黒い聖母マリア像」は、国内ではこの教会でしか見られない貴重なものだそうです。


鶴岡カトリック教会2017-1

鶴岡カトリック教会2017-2

外観。門構えは和風な感じで和洋折衷といったところでしょうか。。
庄内藩家老屋敷跡に建設されたそうですが、そういう背景もあるのかも知れません。

鶴岡カトリック教会2017-3

鶴岡カトリック教会2017-4

鶴岡カトリック教会2017-5

境界の外装も手入れされており、とても綺麗でした^^

鶴岡カトリック教会2017-6

内部も見学ができますが、ヨーロッパの境界と同じ様式のようです

鶴岡カトリック教会2017-7

パイプオルガンの演奏会とかも開かれているのでしょうね~。
近所であれば演奏を聴きに来たいくらいなのですが・・・(^^;

鶴岡カトリック教会2017-8

境界定番のステンドグラス。境界のステンドグラスは繊細な美しい作品が多いように思います。やはり教会建設にあたっても力を入れる部分なのでしょうね。。

鶴岡カトリック教会2017-9

鶴岡カトリック教会2017-10







ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

高田松原~奇跡の一本松~(岩手県)

本日は、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」を


奇跡の一本松2018-1

奇跡の一本松は、陸前高田市の海岸に広がる景勝地「高田松原」の松が震災の津波によって壊滅的な被害を受けた中、ただ1本、津波に流されずに生き残った松とされています。
津波に負けずに耐え切った松であることから、地域の方々にとって震災に負けない復興のシンボルとされてきました。
しかしながら、その後塩害等により枯死してしまうこととなったことから、松に加工を加えてモニュメントとして現在も同じ場所に展示されています。

奇跡の一本松2018-2

奇跡の一本松は海岸沿いにあり、少し歩きます

奇跡の一本松2018-3

周辺の被災瓦礫は撤去されて更地になっており、一本松が遠くからでも良く見えます

奇跡の一本松2018-4

海岸沿いで最も津波の力を受ける場所に立ちながら、倒されずに立ち続けたことは、まさに奇跡と感じます。。

奇跡の一本松2018-5

周辺地域でも徐々に工事は進んでいますが、まだまだ途中段階という印象です

奇跡の一本松2018-6

奇跡の一本松2018-7

この地域は、三陸ジオパークにも指定されておりジオサイトの一つとなっています。

奇跡の一本松2018-10

現在はメニュメントとなった一本松ですが、そこに一本だけ立つ様子を見ると震災当時の記憶が蘇り、少し感傷的になりますね。。背後の震災遺構もまた津波の威力を物語っているように感じます

奇跡の一本松2018-11

奇跡の一本松2018-12

故やなせたかし先生のイラスト「ヒョロ松君」
やなせ先生もこの一本松への思い入れは強かったようです。。

奇跡の一本松2018-13

奇跡の一本松2018-14

奇跡の一本松周辺では震災遺構も多数残されており、これからも多くの方に訪れてほしいと思います

奇跡の一本松2018-15

少し駐車場から離れた場所にありますが、ポツポツと人が訪れていました。







ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

気仙沼大島架橋(宮城県)

本日は、宮城県気仙沼市の本島と大島を結ぶ「気仙沼大島架橋」を^^

【気仙沼大島架橋の事業概要(宮城県HPより引用)】
 気仙沼湾に位置する大島は、本土との交通機関が船舶のみであり、住民の日常生活に於ける利便性の向上や救急医療などの安全・安心の確保、当該圏域の観光振興及び地域間交流を図る観点からも架橋の整備が求められてきました。
 さらに、平成23年3月11日に本県を襲った「東北地方太平洋沖地震」の津波により、大島地区の住民が長期間の孤立を余儀なくされるなどの甚大な被害を受け、大島架橋の必要性が再認識されたことから、災害時の緊急輸送路としての機能を向上させ、市のまちづくり計画とも調整を図り、平成30年度の完成を目標に事業を推進しています。


平成23年より事業が開始されており、今年度完成予定の橋梁となりますが、今年初めて架橋の施工状況を見学することができました。

因みに橋梁の型式は、「鋼中路橋アーチ橋」だそうです。


気仙沼大島架橋2018-1

まだ施工中の現場ですが、見学用の展望スペースが用意されていました。

気仙沼大島架橋2018-2

橋梁の外形もほぼ完成しつつあるようです

気仙沼大島架橋2018-3

工事概要。
以前は大島まではフェリーで渡航していましたが、架橋完成後は車で大島との行き来が可能となります

気仙沼大島架橋2018-4

気仙沼大島架橋2018-5

施工中の写真も多数工事現場に貼られていましたが、橋脚間の長い橋であることから、橋桁の組み立ては大工事だったものと思われます。。橋桁施工時の見学も可能であればしてみたかったですね~。。

気仙沼大島架橋2018-6

展望スペースまで階段も整備されていました

気仙沼大島架橋2018-7

気仙沼大島架橋2018-8

アングルがイマイチなのは仕方ないところですが、近くで見てもとても立派な橋梁であることがわかります

気仙沼大島架橋2018-9

橋の下を漁船が何艘も通過していましたが、これもまたいい眺めでした^^

気仙沼大島架橋2018-10

大島への道路の開通は地元の方も待ち望んでいることと思いますが、開通したら久しぶりに大島を訪れてみたいと思います。








ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
オススメ記事紹介
時刻
只今の時刻は?
デジカメプリントのオススメ
デジカメプリントが圧倒的に安いです。オススメ↓
Gakken 35mm 二眼レフカメラ
35mmの標準的なフィルムで遊べるカメラ。使ったらハマります↓
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR