fc2ブログ

高柴デコ屋敷資料館(福島県)

本日は、福島県郡山市の高柴デコ屋敷の続きですm(_ _)m


高柴デコ屋敷(2)-2
↑最後に訪れた橋本広司民芸さんです(^^)

こちらではデコ屋敷資料館が併設されており、三春張子に関する展示資料を観覧することができます。

高柴デコ屋敷(2)-3

橋本家系譜。先祖代々伝わる長い歴史があることがわかります

高柴デコ屋敷(2)-5

↑日本全国各地の人形のイラスト集ですが、各地に伝わる人形文化もたくさんあるようですね~

高柴デコ屋敷(2)-4

張子人形の種類も豊富で・・・

高柴デコ屋敷(2)-6

高柴デコ屋敷(2)-7

型木も多くの種類が展示されていました

高柴デコ屋敷(2)-8

高柴デコ屋敷(2)-9

華やかな張子人形も種類がとても豊富で楽しかったですね~(^^)

高柴デコ屋敷(2)-10

張子人形の製作過程も紹介されていましたが、出来上がりまでに様々な工程があり、やはり手間がかかるようです

高柴デコ屋敷(2)-1

↑桜もシーズンオフでしたが、立派な枝垂れ桜もありました。
桜や新緑の時期にもまた訪れたい場所でした(^^)


ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

高柴デコ屋敷と三春張子(福島県)

本日は、福島県郡山市の高柴デコ屋敷の訪問記です(^^)

高柴デコ屋敷は、影絵作家の藤城清治氏が影絵の題材としており、作品を見て訪れたいと思っていた場所でした。


高柴デコ屋敷-1

案内看板によりますと、かつて三春藩により保護されてきた工人さんたちの集落で、約300年の歴史があるとのことです。

高柴デコ屋敷-2

高柴デコ屋敷-3

高柴デコ屋敷-16

デコ屋敷の4軒のお店では、張子(はりこ)人形や張子面、三春駒などの伝統的な郷土玩具を制作、販売されています。
「でこ」は人形の意味で、デコ屋敷=人形屋敷との意味だそうです。

高柴デコ屋敷-4

はじめに本家恵比寿屋さんにお邪魔しました

高柴デコ屋敷-5

高柴デコ屋敷-6

三春張子の型木は多数のバリエーションがあり、代々伝わる貴重な文化財とのことです(許可を頂き、撮影しました)。

高柴デコ屋敷-7

こちらは本家大黒屋さんです

高柴デコ屋敷-8

絵入れ前の張子を乾燥させている風景も独特で良いですね(^^)

高柴デコ屋敷-10

高柴デコ屋敷-9

張子の種類も豊富で、華やかでした(^^)

高柴デコ屋敷-11

干支の張子もありました。手前の虎は、腰高虎という名前の張子でユニークなポーズが印象的でした。

高柴デコ屋敷-12

高柴デコ屋敷-13

そして藤城清治氏の影絵にも描かれた彦治民芸さんのお店の外観です。

高柴デコ屋敷-14

高柴デコ屋敷-15

高柴デコ屋敷-17

綺麗に手入れされた庭園や茅葺屋根の古民家・・・素晴らしかったです(^^)


後編に続きますm(_ _)m



ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

磐梯山山湖台からの風景(福島県)

本日は、磐梯山の中腹の展望台【山湖台】からの風景を少し・・^^


山湖台2018-1

山湖台は、磐梯山の西側の麓附近に位置する展望台で、猪苗代湖やその周辺の山々を一望できるスポットです。

山湖台2018-2

会津若松城も見えるようですが、ちょっと良くわからなかったですね・・・(^^;しかしススキが風に揺られ、太陽に反射してキラキラと光る様子もとても綺麗でしたね~。

山湖台2018-3

天気の良い日は長時間眺めていたい風景だと感じました^^







ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

初秋の磐梯山遠景(福島県)

本日は、福島県の磐梯山を^^

磐梯山は、1888年(明治21年)に磐梯山頂北側、小磐梯を含む部分が水蒸気爆発によって山体崩壊を起こし、その際に山頂部がなくなって現在の地形になっています。


磐梯山2018-1

函館の駒ケ岳も同じように山体崩壊により山頂部が吹き飛んでなくなっていますが、磐梯山の独特の地形もまた面白いものです。

磐梯山2018-2

約130年以上前には真ん中に山頂があり、標高ももっと高い山だったようです

磐梯山2018-3

収穫前の稲穂と磐梯山

磐梯山2018-4

東北ではちょうど稲刈りシーズンになっており、どんどん冬の訪れが近くなっていることを感じますね~・・・(^^;







ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

早春の吾妻山(福島県)

本日は、早春の吾妻山を^^

吾妻山は、福島県と山形県にまたがる火山群で、日本百名山にも数えられる名峰です。
最高峰は西吾妻山の2,035メートルで、西吾妻山以外にも標高2000mに近い山が多数連なり、とても美しい風景を望むことができます。


吾妻山2018-1

3月も下旬になると、気温も上昇し、徐々に山地の雪も融け始めます

吾妻山2018-2

吾妻小富士も山肌が見え始め、これから冠雪もなくなってくることと思います

吾妻山2018-3

山頂付近を通るルート(磐梯吾妻スカイライン)もあり、そちらは火山地帯特有の荒野のような風景を楽しむことができます^^







ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ブログランキング
ブログランキングに参加しました。 クリックお願いします!^^
にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ 人気ブログランキングへ
カテゴリ
月別アーカイブ
Gakken 二眼レフ 撮影写真
FH02.jpg FH18.jpg FH26.jpg FH29.jpg FH39.jpg FH-16.jpg
FC2カウンター
プロフィール
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてください^^
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから
様々な情報交換をしましょう! よろしくですm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR